ブログ

Blog

2021.3.10

今年の花見は・・・

今年の花見は・・・

春になってあちらこちらで桜が咲き始めると

 

そわそわと心が踊り出し友人や恋人

 

家族とお花見に出掛けたくなりませんか?

 

お花見は、古くから日本人が親しんできた行事です

その歴史や由来などを知れば

 

さらにお花見が感慨深いものになりますよ

 

始まりは「お花見=梅の花」だった

お花見は、奈良時代の貴族が始めた行事と言われており

 

当初は中国から伝来した梅の花を観賞するものだったようです

 

平安時代に入り

 

お花見の花が梅から桜へと移り変わっていきました

 

桜の花でのお花見の起源は

 

「日本後紀」によると

 

嵯峨天皇が催した「花宴の節」という宴であると記されています

 

一気に広まるお花見文化

 

以前は貴族の行事だったお花見ですが

 

鎌倉・奈良時代に入ると武士階級にも広がっていきました

有名なのは豊臣秀吉の「吉野の花見」や「醍醐の花見」ではないでしょうか

 

「吉野の花見」は徳川家康や前田利家

 

伊達政宗などの名だたる武将や茶人・連歌師など、参加者総勢5千人にも及ぶ

 

お花見だったといわれています

 

「醍醐の花見」はお花見のために700本の桜が醍醐寺に植えられ

豪華絢爛に茶会や歌会などが催されたとか

 

お花見とセットで親しまれる「三色団子」も

 

この時振舞われたのが最初だと言われています

 

お花見文化が貴族外に広まったのは

 

江戸時代を待たねばなりませんでした

 

桜の品種改良も盛んに行われるようになり

 

現在、全国各地で鑑賞できる最もポピュラーな品種「ソメイヨシノ」も

 

この時代に作られたそうです

 

この頃から、桜の名所として名高かった「上野の山」は現在も

 

上野恩賜公園として毎年多くの花見客を楽しませてくれます

 

豊作祈願の神事としての「お花見」

 

貴族が花を愛でるお花見を楽しんでいた時代

 

農民の間にもお花見は行われてきました

 

しかし貴族のお花見とは異なり

 

豊作祈願の神事として行われていたようで

 

桜には春に山から降りてくる「田」の神様が宿ると信じられており

 

桜の花の咲き方で農作物の収穫を占ったり

 

開花時期に合わせて稲の種まき準備を行ったりと

 

農民にとって桜はとても大切なものでした

 

春に緑の葉より先に桃色の花を一斉に咲かせる桜は

 

人々にとって神秘的で神々しく見えたのかも知れませんね

 

全国の桜の中には、「日本三大桜」と言われるものがあります

 

日本全国桜を観賞できる場所は数あれど

 

せっかくですから

 

その頂点と言われる桜を見に行ってみたいと思いませんか?

 

日本三大桜

 

三春滝桜(福島県) 樹齢1000年超

山高神代桜(山梨県) 樹齢約1800〜2000年

根尾谷淡墨桜(岐阜県) 樹齢1500年超

桜と聞いて思い浮かべることが多いのは

 

ソメイヨシノという品種の桜ではないでしょうか?

ソメイヨシノは江戸時代に「オオシマザクラ」と「エドヒガン」から品種改良

 

された交雑種でその寿命は約60年と言われています

 

全国の桜の約8割を占めるソメイヨシノですが

 

実はそのすべてが1本あるいはごく少数の桜から作られた

 

クローンだということをご存じですか?

 

もともとは同じ原木から接ぎ木や挿し木で増やされていったので

 

開花時期に一斉に咲いて一斉に散るのだそうです

 

クローン桜は交配しても発芽せず

 

種からどんどん増やすことができません

 

奈良時代から人々に親しまれてきたお花見

 

その歴史や由来など知れば知るほど奥が深いですね

 

近所で可憐に咲く桜を見るもよし

 

日本三大桜の雄大な姿を見るもよし

 

お花見をぜひ楽しみたいものです

 

川崎本社
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町14-19 浜屋八秀ビル 702B
TEL:044-201-7800