ブログ

Blog

2021.7.28

ソフトボール女子に続け!!

ソフトボール女子に続け!!

13年振りの五輪野球開催

 

 

東京五輪の野球日本代表「侍ジャパン」は

 

 

福島・あづま球場でドミニカ共和国とグループリーグA組の初戦を戦い

 

 

4-3で劇的なサヨナラ勝ちを飾りました

 

 

野球競技の開幕戦となったこの一戦

 

 

侍ジャパンは2点ビハインドの状況で9回を迎えたが

 

 

坂本勇人(巨人)がサヨナラ適時打

 

 

ドラマチックな勝利で白星発進を決めた

 

 

息詰まる投手戦が展開された

 

 

侍ジャパンの山本由伸投手(オリックス)

 

 

ドミニカ共和国のCC・メルセデス投手(巨人)の両先発が好投

 

 

山本が6回まで2安打とドミニカ共和国打線を封じ込めると

 

 

メルセデスも日本打線をわずか1安打にねじ伏せ

 

 

試合は終盤までこう着状態が続いた

 

 

侍ジャパンは7回に先制点を奪われた

 

 

好投していた山本から2番手の青柳晃洋投手(阪神)へとスイッチしたが

 

 

これが裏目に出てしまった

 

 

右腕は先頭のフランシスコに中前安打を許すと

 

 

1死からメヒアにも中前安打

 

 

2死一、二塁となると

 

 

バレリオに左中間を破られて

 

 

2人の走者が生還。2点を先制されてしまった

 

 

その裏、侍ジャパンは浅村栄斗(楽天)

 

 

柳田悠岐(ソフトバンク)の連打で無死二、三塁のチャンスを作る

 

 

だが、続く菊池涼介(広島)は空振り三振(残念)

 

 

村上宗隆の一ゴロの間に1点を返したが

 

 

一打同点のチャンスで追いつくことができなかった

 

 

8回は先頭の山田哲人(ヤクルト)が四球で出塁

 

 

坂本勇人(巨人)が犠打を決めて得点圏に走者を進めると

 

 

続く吉田正尚(オリックス)が三遊間を破る左前安打

 

 

山田が一気に本塁を狙ったが左翼の好返球によりアウトに(おしかった)

 

 

稲葉篤紀監督のチャレンジも実らず憤死した

 

 

9回には5番手の栗林良吏投手(広島)が

 

 

ヌニェスに右越えの適時二塁打を浴びてビハインドが拡大

 

 

2点ビハインドで最後の攻撃を迎えると

 

 

柳田、代打・近藤健介(日本ハム)の連打でチャンスを作ると

 

 

村上宗隆(ヤクルト)が右翼線へ適時打で1点差(チャンス)

 

 

続く甲斐拓也(ソフトバンク)がセーフティスクイズを決めて同点に(ひょっとしたら)

 

 

山田が中前安打で繋いで満塁とすると

 

 

坂本が中越えのサヨナラ適時打を放ち(やったサヨナラ勝ち)

 

 

大激戦に終止符を打った

 

 

1984年のロサンゼルス五輪以来手にしていない

 

 

悲願の金メダルへ劇的な勝利で発進した(がんばれ日本)

 

 

五輪の野球競技は2008年の北京五輪以来13年ぶりに復活

 

 

ソフトボール女子の金メダルに続き

 

 

侍ジャパンも目指せ金メダル!!!

 

 

がんばれ日本!!!

川崎本社
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町14-19 浜屋八秀ビル 702B
TEL:044-201-7800