ブログ

Blog

2022.4.25

今年はどうしますか?

今年はどうしますか?

大型連休

 

ゴールデンウィークとは4月末から5月の上旬に掛けてある連休のことです。

 

毎年、何連休となるのか日数は異なります。

 

連休を使って旅行やレジャーを楽しむ方も多いですよね。

 

2022年はいったい何連休なのでしょう。

 

これからご紹介する今年のゴールデンウィークの日数を見て

 

どのように過ごすか予定を立てる参考にしてくださいね!

 

3連休・平日・3連休・平日・土日

 

4月29日(金)の昭和の日から始まり

 

土日に入る3連休。

 

平日を1日挟んだあと

 

「憲法記念日」5月3日(火)「みどりの日」5月4日(水)

 

「こどもの日」5月5日(木)と3連休

 

さらに平日を1日挟んで土日がきます

 

春の連休のことを「ゴールデンウィーク」と当たり前のように呼んでいますが

 

どうしてその名が付いたのかご存知ですか?

 

ゴールデンウィークは和製英語なので

 

海外では通じないことで知られていますね。

 

この呼名の起源には諸説あるようですが

 

一番の有力説は映画用語から生まれたというものです。

 

そもそもゴールデンウィークは

 

1948年「国民の祝日に関する法律」によって定められた9つの祝日のうち

 

3つがつながってできた連休のこと

 

(国民の祝日…元旦、成人の日、天皇誕生日、憲法記念日、こどもの日など)

 

ゴールデンウィークの起源は

 

春の連休になると映画館の入場者数が一気に増加し

 

大日本映画製作株式会社(大映)が

 

「ゴールデンタイム」をヒントに「最高に素晴らしい1週間」という意味を込めて

 

「ゴールデンウィーク」と呼び始めたのがはじまりと言われています。

 

一時的に「黄金週間」と呼ばれていたこともあるようですが

 

少しインパクトに欠けるため「ゴールデンウィーク」と横文字を使うようになり

 

一般的に広まっていったのです。

 

ゴールデンウイークを楽しみましょう!!!

川崎本社
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町14-19 浜屋八秀ビル 702B
TEL:044-201-7800