ブログ

Blog

2022.8.23

感動をありがとう!!!

感動をありがとう!!!

東北地方に深紅の大優勝旗が・・・

 

おめでとう・・・仙台育英学園高等学校野球部

第104回全国高校野球選手権大会は22日

阪神甲子園球場で決勝があり

仙台育英(宮城)が8―1で下関国際(山口)を破り

29回目の出場で初の全国制覇を果たしました

東北勢として悲願の初優勝となりました

須江航監督が優勝インタビューで語った内容をお伝えします

 

監督さん3150(最高)でした

仙台育英の須江航(わたる)監督の優勝監督インタビューは次の通り

初優勝おめでとうございます

宮城のみなさん、東北のみなさん、おめでとうございます!

ゲームセットの瞬間、少し目元をおさえていらっしゃいました

どんな思いですか

100年・・・100年以上・・・

開かなかった扉が開いたので

多くの人の顔が浮かびました

宮城のみなさん

東北のみなさん

夢かないましたね

準決勝、勝った段階で

本当に東北や宮城のみなさんからたくさんのメッセージをいただいて

本当に熱い思いを感じていたので

それに応えられて何よりです

今日の決勝でもすばらしいバッティングでした

2巡目に入ったところから

相手の変化球を積極的に振っていったようでしたが、どんな狙いでしたか

前半は(下関国際の)古賀君もすごい良いピッチングをしてたので

焦りはありませんでしたけど

本当に翻(ほん)弄(ろう)されている感じでした

でもここまで、宮城大会の1回戦から培ってきた

今年の選手のできること

自分たちが何をやってきたのか

本当に立ち返って、選手自身がよくやってくれたと思います

強力な投手陣5人を擁して

この甲子園でも継投で優勝まで至りました

今日は本当に斎藤(蓉)がよく投げてくれて

でも県大会は投げられない中でみんなでつないできて

つないできて、最後に投げた高橋も

今日投げなかった3人のピッチャーも

スタンドにいる控えのピッチャーも

みんながつないだ継投だと思います

今年の3年生は入学した時から

新型コロナウイルスの感染に翻弄されてきました

それを乗り越えての優勝

3年生にどんな言葉をかけたいですか

入学どころか・・・

たぶんおそらく中学校の卒業式もちゃんとできなくて

高校生活っていうのは

僕たち大人が過ごしてきた高校生活とは全く違うんです

青春って、すごく密なので!!!!!!!!

でもそういうことは全部ダメだ

ダメだと言われて

活動してても、どこかでストップがかかって

どこかでいつも止まってしまうような苦しい中で

でも本当にあきらめないでやってくれたこと

でもそれをさせてくれたのは僕たちだけじゃなくて

全国の高校生のみんなが本当にやってくれて

例えば、今日の下関国際さんもそうですけど

大阪桐蔭さんとか

そういう目標になるチームがあったから

どんなときでも、あきらめないで暗い中でも走っていけたので

本当に、すべての高校生の努力のたまものが

ただただ最後

僕たちがここに立ったというだけなので

ぜひ全国の高校生に拍手してもらえたらなと思います

本当におめでとうございます

感動しました!!!

川崎本社
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町14-19 浜屋八秀ビル 702B
TEL:044-201-7800