ブログ

Blog

2022.3.18

センバツ高校野球

センバツ高校野球

今日から選抜高校野球開催だったが雨で中止になりました。

 

ざんねん・・・

 

選抜高等学校野球大会は、毎日新聞社と日本高等学校野球連盟が兵庫県西宮市・阪神甲子園球場にて、1924年から毎年3月中旬・または3月下旬から4月上旬に主催している日本の高校野球大会である。

 

大会旗および優勝旗の色は紫紺

 

優勝旗は紫紺色のため「紫紺の大優勝旗」と呼ばれている

 

 

コロナの影響で・・・

 

センバツ開幕前日の甲子園に衝撃が走った

 

本番を待つだけのはずの午後6時半

 

大会本部の緊急会見で明かされたのは京都国際の出場辞退だった

 

日本高野連の宝馨会長(65)は「明日の開会式を控えた、この段階で生徒の心情を察しますに言葉もありません。主催者としましては誠に無念です」と沈痛な表情で話した

 

急転直下の辞退に映るが、実はコロナ禍が忍び寄っていた。先週末の12日以降、組んでいた練習試合が相次いで中止になっていた。14日に大会前PCR検査を受けた31人中、8人が陽性と判定され、2人はその後に発熱。19日に長崎日大戦を控え、15日に宿舎入りしたが、16日のPCR検査で新たに5人が陽性になった。緊急対策本部会議で3度、審議。大量13人の陽性者が出てチーム内の集団感染と判断された。

 

残念で仕方がないです。

 

 

春の甲子園大会、正確には選抜高校野球大会ですが、

その高校野球選抜の出場校の決め方ってご存知ですか?

 

出場校の選抜基準は

 

夏の甲子園のような誰にでも分かるシンプルなものじゃありませんよね。

 

選抜校が発表となると、毎年どこかかしこで物議となっています。

たまに「アレ?」と思うような学校が選抜されていたりします^^

 

選抜高校野球大会の選抜基準については曖昧なものでしたので

 

ぶっちゃけ『誰が決めてるのか?』も知りません

 

高校野球選抜の出場校の決め方

 

高校野球の甲子園大会は

注目度・関心的には夏開催の方が高い感じですが、

選抜高校野球の方がキップを手にするのは大変なんです。

 

夏の甲子園では

各都道府県の予選大会優勝校が出場可能となります。

つまり47校が代表校となる訳ですね。

 

しかし、高校野球選抜の出場校は基本的には32校です。

(2013年は記念大会ということで36校でした)

 

出場枠は夏の2/3ですから、

 

そのハードルはかなり高いと言えますね。

15以上の都道府県は出場することができません!

 

また、夏の甲子園が実力主義(試合結果)なのに対し、

高校野球選抜の選定条件には、実力・校風・品位が必要となります。

 

高校野球選抜の出場校は如何やって誰が決める

高校野球選抜は、 選考委員会が決めます。

ここでの選考委員会とは、高野連や後援者になります。

 

適切な表現ではないかも知れませんが、

大会成績を踏まえた上で、気に入った学校が選ばれる訳です。

メチャクチャ主観ってことはないと思いますけど、、

 

高校野球選抜の出場校数は、基本的に32校となっているようです。

都道府県の代表というよりは、各地域の代表校と言えます。

できるなら選考基準を単純明快にして下さい。

できるでしょう!!!

 

 

川崎本社
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町14-19 浜屋八秀ビル 702B
TEL:044-201-7800