ブログ

Blog

2022.11.18

勤労感謝の日

勤労感謝の日

勤労感謝の日 何を祝う?

 

勤労感謝の日は、祝日法によると

「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」と制定されています。

「尊ぶ」とは、労働に励むことを敬うという意味です。 その起源は、五穀豊穣を祝う

「新嘗祭」にあるとされています。

新嘗祭とは、農作物の恵みに感謝する伝統的な宮中行事のひとつです。

 

勤労感謝の日は元は何の日?

 

かつて国家行事であった新嘗祭は

戦後「勤労感謝の日」となり

「勤労をたっとび、生産を祝い

国民互いに感謝しあ …

明治以後、新嘗祭(にいなめさい)として11月23日を定め

1948年(昭和23)以降現在の勤労感謝の日として受け継がれている。

 

 

勤労感謝の日 何すればいい?

 

勤労感謝の日は

普段より心持ちゆっくりと日々の疲れを癒すような一日を送ってはいかがでしょうか。 「料理を休んで外食をする」「温泉に行く」など負担を軽減したり

疲れそのものを癒せるような過ごし方をしたりするのもおすすめです

リラックス系のアロマを炊く、お花を飾るなどもリフレッシュできます

 

勤労感謝の日 何食べる?

 

太陽暦が採用された明治時代に入ってから11月23日と定められ

以降は国民の祝日に。 昭和23年(1948)に「国民の祝日に関する法律」によって

「勤労感謝の日」に生まれ変わりました。

特別な行事食はありませんが

新しいもち米で餅を搗(つ)いたり、赤飯を炊くことも。

 

勤労感謝の日は誰に感謝するのか?

 

勤労感謝の日に何をする

「勤労感謝の日」は

「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」とされています

働いたことによってできた生産物をお祝いするという部分は

由来となっていた新嘗祭の考えかもしれませんね

 

勤労感謝の日とは

 

 

働いている人に「ありがとう」という

 

感謝の気持ちを持つ日です

川崎本社
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町14-19 浜屋八秀ビル 702B
TEL:044-201-7800